グルコサミンと相性が良い

膝

軟骨の治療の特効薬とも言われるグルコサミンですが、グルコサミンと一緒に取ることで効果的な成分があります。オメガ3脂肪酸はグルコサミンとの相性がとても良いです。使用するタイミングとしては、軟骨の減少による関節痛の治療中に痛みが無くなってきた頃から使用すると良いと言われています。オメガ3脂肪酸をグルコサミンと共に摂取することで軟骨の回復力が高まり、関節痛を早く治療出来ることが可能になります。オメガ3脂肪酸は青魚などに多く含まれる成分です。魚を食べる習慣が世界でも高い日本でも、毎日食べるのは難しいです。しかも決められた量の摂取は結構辛いので、小林製薬などからでているサプリメントを有効に活用しましょう。サプリならば、一日の摂取目安を簡単に摂取することができ、関節痛をスピード改善することも出来るようになります。

グルコサミンと一緒に摂取することで効果が高まる成分は他にもあります。コンドロイチンもその一つです。コンドロイチンを一緒に摂取することによって相乗効果が現れ、より高い効果を引き出す事が可能となります。グルコサミンが軟骨を生成する際に使用されている時に、コンドロイチンも一緒に働きかけてくれ、水分を保てくれる効果や、軟骨が壊れるのを防ぐ効果があります。軟骨の中を潤っている状態に保とうとするので、コンドロイチンを摂取することで、弾力性のある軟骨を作ることが出来ます。軟骨の主成分の一つでもありますので、グルコサミンとの相性もばっちりなのです。ウナギやフカヒレ、魚眼や鶏ガラなどに多く含まれていますが、こちらも毎日の摂取が難しい食べ物です。小林製薬等からでているサプリメントを活用しましょう。小林製薬のサプリメントは数も多く、リーズナブルなシリーズも多いので、購入する時の負担も少なくなります。軟骨改善のために、サプリメントを使って治療していきましょう。